ウォッシュレットの取替見積もりが64,000円でした。これって高いですか?定価はいくらでしょうか。

住宅の疑問

  • HOME
  • ブログ
  • 住宅の疑問
  • ウォッシュレットの取替見積もりが64,000円でした。これって高いですか?定価はいくらでしょうか。

ウォッシュレットの取り替え工事でかかる費用は、取り付けるウォッシュレットの種類や工事の内容によって決まります。

そのため、業者から提示された見積もりにおいて、総額の欄に64,000円と記載されていたとしても、その金額のみで高いかどうかを判断することは難しいです。

手軽にウォシュレットを導入したい場合は、便座のみのタイプがおすすめです。

このタイプの新品の定価は税抜きで77,000~109,000円と高額ですが、中古品であれば安いもので20,000円程度、平均で50,000円程度で販売されています。

一方、取り換え工事そのものの費用は、リモコンが本体と一体になっているタイプだと9,000円前後、壁にリモコンを設置するタイプだと12,000円前後が相場といわれており、追加工事が必要になった場合は相場より少し料金がアップします。

取り替え工事費を考慮すると64,000円の見積もりは妥当

以上の点を踏まえると、購入したウォッシュレットの価格が50,000円前後であれば、取り替え工事費を考慮すると64,000円の見積もりは妥当と考えられます。

一方、30,000円以下もしくは70,000円以上の価格のウォシュレットを選んだときに見積もりでこの金額を提示された場合は、提示された見積もりの内容をよく確認し、不明な部分があれば業者に説明を求める必要があります。

別の専門業者にまったく同じ条件で見積もりを依頼するのも、有効な方法でしょう。

相場より極端に高い見積もりを提示してきた場合は、便座の取り換え工事やそれに付随する工事とは関係ない費用が計上されている可能性があり、相場より極端に安い金額だった場合は、手抜き工事が行われるおそれがあります。

ウォシュレットはほぼ毎日使用されるものであり、取り換え工事においてトラブルが発生すると、それを挽回するのにたくさんの費用と多くの時間がかかってしまいます。

トラブルを可能性の段階で防ぐためにも、見積もりの確認作業はしっかりと行わなければなりません。

関連記事一覧

関連リンク

  • 一般社団法人 日本国際結婚協会

    「外国の女性と結婚したい!でも、どこで出会えばいいんだろう?」「そもそも言葉の壁が高くて全然親しくなれる気がしない……」そんなあなたを「日本国際結婚協会」は応援します。安心・安全をモットーに運用されていて、身元や言語、文化の違いといった気になる点をすべて解消した女性を紹介してくれます。国際結婚をしたいなら「日本国際結婚協会」で間違いありません。

    ji-marriage-a.or.jp/