コンクリート打ち放ち住宅に住んでいて外壁メンテナンスをするのですが、気を付けることはありますか?

住宅の疑問

  • HOME
  • ブログ
  • 住宅の疑問
  • コンクリート打ち放ち住宅に住んでいて外壁メンテナンスをするのですが、気を付けることはありますか?

コンクリート地肌そのものを活かした仕上げのコンクリート討ち放し住宅は、数年すると外壁の水ジミや汚れなどが目立ってきます。

また雨水などの侵入も建物内部に許すことになりますから、必ず定期的なメンテナンスが重要になります。

コンクリート補修や外壁塗装などがその最たるものですが、その際は気を付ける点がいくつかあります。

コンクリート討ち放しの外壁の劣化の状態には、水ジミやカビ・コケの発生、塗膜の膨れ・部分的な剥げ、クラック・鉄筋の露出・内部鉄筋がさびる爆裂現象などがあり、塗料の耐久性や施工上の問題に加えて、漏水・紫外線・地震などの影響でも発生します。

少なくとも10年おきには点検し、外壁塗装を行うことが長期にわたって安定した外壁を維持するメンテナンスに繋がります。

近年は塗料技術が進化し、内部鉄筋がさびて起きる爆裂でも、繊維強化塗料を使うことでコンクリートの剥離や落下を防ぐことができるようになりました。

従って、内部の鉄筋のさび発生による不具合が認められた場合、その補修を行うことがコンクリートの剥離や落下を防ぐことになり、重要なことです。

また部分的なものの対応も可能ですので、他の部分などでも内部鉄筋による元と考えられる不具合を見つけた場合、その対応も行うことが重要なことになります。

劣化症状を効果的に抑制

そして外壁塗装を行う際は、撥水機能を持ち、雨水の浸入を防ぐ塗料を使い雨漏り対策を考えることが必要なことです。

さらに保護機能を持たせるならクリアー塗料も考えたいところです。

このとき使用する塗料は、シリコン系やフッ素系などがあり、使うものによってひび割れなどの劣化症状を効果的に抑制することができます。

またコンクリート討ち放しデザインの表面状態も維持できることに繋がります。

加えて弾性塗料を使うこともひび割れに塗料が追従し、ひび割れを抑止することが期待できます。

これは現在ひび割れなどの劣化が激しく、浸水防止を一番に考えたい場合に大変有効な塗料ですので、ぜひ考慮したい塗料になります。

いずれにしても早期の対応が望ましく、専門会社などに相談、施工することが重要です。

外壁塗装はDIYで行うと、まず失敗し、特に表面状態の見た目が重要なものは専門会社に対応をお願いするようにしましょう。

関連記事一覧

関連リンク

  • ドライバー派遣 大阪

    大阪で働けるドライバー求人をお探しですか?それなら、関西圏内に特化した求人サイト「ドライバー派遣ドットコム関西版」をおすすめします。即日勤務可のお仕事も!質の高い求人からお選びいただけますよ。

    www.kansai-driver-haken.com/