給湯器が壊れました。これを機にエコキュートオール電化にした方がいいですかね?

住宅の疑問

一般的に給湯器の寿命は10年ほどとされています。

給湯器が壊れた場合に、給湯器の修理や買い替えを検討する多いかもしれませんが、これをきっかけにエコキュートを取り入れオール電化にした方がよいのか悩む人も多いものです。

しかし安易にエコキュートを取り入れた場合には、そのあとに後悔する可能性もあることから、事前にメリットやデメリットを把握しておく必要があります。

エコキュートオール電化にするメリットとして、まず第一に考えられることは、オール電化向けの電力プランを利用することになるので、電気代が通常よりもお得になることが挙げられます。

オール電化向けの電力プランにはさまざまなものが用意されていて、それぞれ昼間と夜の電気代が異なります。

自分たちの生活スタイルに合わせた電力プラン選ぶことによって、今までよりも電気代の節約にもなるでしょう。

そしてオール電化によりガスを使わなくなることで、ガス料金は不要となります。

またエコキュートを取り入れることで、災害時にも役立つことは大きなメリットと言えるでしょう。

万が一災害が起こった際には生活用水が不足してしまう可能性が十分に考えられます。

災害が起こった際の復旧が一番早い

このようなときにエコキュートの貯水タンクの中の水を生活用水として使用することができます。

衛生面の問題によって飲むことはできませんが、体を洗ったり、トイレに水を流すなどの方法で役立ちます。

また電気はガスや水道と比べると、災害が起こった際の復旧が一番早いと言われています。

そのためオール電化の方が、災害後も料理やお風呂などを使用することがいち早くできるようになるでしょう。

反対にデメリットとして考えられることは、オール電化を導入するのであれば、エコキュートとIHクッキングヒーターを購入しなくてはならないので、初期費用が高額になることです。

また必ずしも電気代を節約できるわけではなく、契約する電力プランによっては、昼間の電気代が高くなってしまう可能性もあります。

家庭のライフスタイルに合わせて電力プランを選ぶことが求められます。

関連記事一覧