アラ不思議!料理のときに使えるオリジナルの損ナシアイデア

料理編

「料理を作るのは好きだけど洗い物が面倒」食器だけではなく、鍋、まな板や包丁など沢山の洗い物が出るからです。

そのため後片付けの悩みや不安を抱えているお母さんはたくさんいます。

そんな主婦を助けるのが「牛乳紙パックまな板」です。

牛乳の紙パックはほとんどのご家庭では、捨てるかリサイクルに出します。

ただごみとして扱うのは損です。

しかし、処分するのではなくきれいに洗って干してハサミで開いてまな板として代用しましょう。

このオリジナルのまな板は、使った後はそのまま捨てることが出来ます。

誰でも簡単に作れるうえに手間が省けてその上使った後は、そのまま処分するだけですので手間が省けます。

是非いちど試してみましょう。

関連記事一覧