アラ不思議!料理のときに使える革命的な損がでないテクニック

料理編

家族が多ければ多いほど食費が必要で、特に食べ盛りの子どもを抱えているご家庭は「子供が良く食べるので、毎月赤字です」という悩みや不安を抱えているご家庭は多くあります。

そんな時に助かるのが「パンの耳です」小さな子供の中には、食パンの耳を残す子が多くいます。

そのパンは捨てると損になりますのでとっておきましょう。

そして、ハンバーグを作るときに使ったり揚げ物をするときに細かく刻んでパン粉代わりに使うと、大変助かります。

料理は少しの工夫をするだけでかなりの節約になります。

また、野菜の皮は捨てるのではなく良く洗って千切りにしてお味噌汁に入れるのもお勧めです。

料理というのは少しの工夫と革命的な発想で損せずにすみます。

関連記事一覧