アラ不思議!料理のときに使える平成時代の損なし豆知識

料理編

食材の選び方や安い食材をおいしく料理する知らない人は損をする知識はたくさんありますが、平成時代に知れ渡った知識は今の令和の時代にも使える話題です。

料理に欠かせない肉の豆知識を挙げると、鶏胸肉は安くてボリュームのある食材の代表ですが、食感かパサパサしていて美味しく調理できないという声を良く聞きます。

調理前に肉の重量の10%の水と、1%の塩と砂糖に揉み込み1分間程漬けて調理するとパサつきがなくなります。

牛肉は香りが大事であまり高音で調理すると、リーズナブルなものは香りがなくなり硬くなります。

80度から90度程度の温度で茹でたり焼くことでしっかり香りが残り、安い肉でも肉の味がしっかりと感じて食べることができます。

魚は小顔のものほど脂がのっていて、解凍は氷水を使うことで美味しくなります。

関連記事一覧

関連リンク

  • 浸みわたる水素水

    楽天で14冠を獲得!水素水に迷ったら、業界トップクラスの評価を受けたアビストの「浸みわたる水素水」を選べば間違いなし。名水百選にも選ばれた熊本の天然水を使った水素水は飲みごこち爽やか。高濃度の水素と美容ミネラルがたっぷり配合されており、飲めば内側からキレイと健康が湧いてきます。

    www.abist-hf.com/