アラ不思議!住宅の悩みごとが解決する革命的な損がでないテクニック

住宅編

住宅は老朽化するものなので、何年も住んでいるとどうしても悩みごとが出てしまうものではないでしょうか。

範囲は非常に広くあり各住宅事情により違いはありますが、水周りの設備の中でもバスルームを例にすることもできます。

多くの住宅でユニットバスを用いているものですが、老朽化で壁や天井が汚れてしまったり、表面が腐食したように剥離している箇所を見つけることも珍しいことではありません。

新品のユニットバスにリフォームすると、安くても70万円以上の費用が掛かります。

ここで革命的なテクニックはあり、耐水性に優れたラッピングシートを購入してDIYで壁や天井に施工する方法を挙げられます。

希望するメートル数だけを購入することも可能なので、損がでてしまうこともありません。

普通のユニットバスであれば、曲面は少ないので素人でも簡単にラッピングシートは扱えます。

関連記事一覧