アラ不思議!掃除のときに使える満足な損がでないテクニック

掃除編

掃除のときに使える満足な損がでないテクニックの一つ目として、フローリングの艶だしにお米のとぎ汁を使ってみましょう。

様々な製品が市販されているものの、いつもであれば捨ててしまうお米のとぎ汁を利用して十分に綺麗になります。

水拭きをする際にお米のとぎ汁を使うだけでかなりの艶が出るでしょう。

特に赤ちゃんやペットがいる家庭や、化学製品を使いたくないという人におすすめの方法です。

そしてカバーやカーペットなのに牛乳や卵のシミが付いてしまった場合には、必ず水で洗うことを心がけます。

これらは動物性たんぱくにあたり、お湯で洗ってしまうとタンパク質が固まってしまいます。

ボールペンのしみがついてしまった場合には、すぐにお酢を含ませた布で叩くようにしましょう。

ぽんぽんと叩くようにすることがコツです。

関連記事一覧

関連リンク

  • 異形部品挿入機

    蓄積されたノウハウ×新しい知識=どこにも負けない技術――「ファクテム」は主に、異形部品挿入機といった工場設備の自動化を請け負う企業です。ただ動けばいいのではなく、作業やメンテナンスのしやすさ、安全性まで考えた上で設計を行うプロ気質で、業界のどこにも負けないサービスを提供してくれます。

    factem.co.jp/