アラ不思議!掃除のときに使える昭和時代の損ナシアイデア

掃除編

昭和時代の掃除には欠かせない存在であった「ほうき」ですが、新しい時代を迎えた現在も優秀な掃除用具として見直されていることをご存知でしょうか。

ほうきは、電力を使うことがない点や、一度購入すると長く使い続けることができる点、コストが安く済むという点など、メリットが豊富な掃除用具です。

掃除機やそうじシートしか使ったことのない人は、損することがありませんので導入してみてください。

適している場所は、畳の部屋やフローリング床の部屋です。

その他にもアルミサッシのレールや、ベランダ・バルコニーなどにも便利です。

取り切れなかったホコリは、掃除機を使って吸い取ることで、これまで以上に部屋の中が綺麗になることが期待できます。

関連記事一覧