アラ不思議!掃除のときに使える令和時代の損がでないテクニック

掃除編

令和時代は、平成の時代に増してインターネットがさらに活躍する時代です。

もうすでに、日本社会だけでなく多くの国々でインターネットなしでは生活が成り立たないといったレベルまできているのではないでしょうか。

令和時代では、掃除をしていて、不用品は捨てるのではなく、オークションサイトやネット販売サイトで販売することが一般的になりつつあります。

掃除をしていて、いらないものをそのまま捨てるのは損ですが、それを欲しい人に販売することで、少しでもお金に換えることが出来る時代が令和時代です。

今まで不用品をそのまま捨てていた人も損をすることなく、逆に欲しい人に販売することで感謝される時代になってきているのかもしれません。

関連記事一覧

関連リンク

  • インゴット 小分け

    売却時の金額が200万円を超えてしまうと、マイナンバーや支払調書の提出が発生しますよね。バイセラジャパンでは、お客さまのご要望にお応えし、インゴットの分割加工をしてくれます。加工料不要。

    www.buysela-japan.com/