アラ不思議!料理のときに使える嬉しい損ナシアイデア

料理編

赤ワインを飲み残したときは料理に使うのがお勧めです。

洋風の赤ワイン煮やハヤシライスといったものだけでなく、砂糖と醤油で味付けした甘辛い和風料理にも隠し味として加えると味に深みが出てきます。

たとえば牛肉と玉葱、ピーマンを炒めて砂糖と醤油で味付けするときに赤ワインも入れたり、サバの煮付けに加えてもとてもおいしくなります。

ただそのときのコツとしてはあまり入れすぎないことです。

ワインには酸味があり、ぶどうの風味も残っています。

入れすぎるとそれらが強く主張しすぎてしまい、砂糖と醤油の甘辛い味を乱してしまうようです。

赤ワインが飲みきれず残してしまった場合にぜひ試してほしい決して損のない嬉しいアイデアです。

関連記事一覧