アラ不思議!料理のときに使える令和時代の損がでないテクニック

料理編

料理のときに使える令和時代に損がでないテクニックは火の使い方に注意することで、特に肉を焼く時には余熱で調理をすることが重要です。

例えばステーキを焼く場合には余熱を想定して早めに火から下ろす人が多いですが、重要なことは料理は熱源から離した後も食材自体が持っている熱で加熱されていく点です。

量が多く密度が高い上にタンパク質が豊富な食材を使った物ほど余熱が問題となって来るので、この点を踏まえて調理をすることが大切です。

例えば分厚いお肉など厚みや密度が十分にある物であっても余熱調理に適しており、時間を短くしたり温度を下げても肉料理を美味しく作ることができます。

大切なことは如何に余熱のことを考えて調理するかと言うことなので、特に肉料理を作る時にはこの点に関してよく考えた上で調理をするようにした方が良いです。

関連記事一覧

関連リンク

  • ミクロガード

    「ベッドや布団につくダニが不安。でも寝具は洗うのが大変だし、洗ってもちゃんと取れているのかどうか…」。そんな不安を丸ごと解決してくれるのが「ミクロガード」!極細繊維を高密度に織り上げた生地が、隙間に入り込むダニやハウスダストをシャットアウトします!防ダニ・防塵に真剣に取り組んだ企業ならではの商品です。

    www.micro-guard-online.biz/