アラ不思議!お金に困ったとき使える平成時代の損なし豆知識

お金編

お金に困っているときほど、外出は意識的に避ける必要があります。

平成時代の損なし知識としても、外出をいかに避けるかが焦点になっていました。

外出頻度に比例して出費が増えてしまいますので、出費を抑えるためにも意識してください。

もしほしいものがある場合は、3日間だけ待ってみるのがおすすめです。

たった3日間置くだけで、欲しかった気持ちが和らぐことが多々あります。

特に買い物依存に悩んでいる人は、すぐには購入せずに待つという対策が必要になってきます。

部屋に使わないものがたくさんある人は、衝動買いをしている可能性があるでしょう。

買い物依存を解消することはお金で損をしない基本であり、平成時代からの豆知識として現在も実践されています。

関連記事一覧

関連リンク

  • 六本木 パーティー

    新しい会場もお選び頂けます!六本木でパーティー開催をお考えなら、自社グループ運営の貸切会場をいくつも持っているFANCYTOKYOへ!最新鋭の設備もご体感頂けます。

    fancytokyo.com/