アラ不思議!料理のときに使える手軽な損なし豆知識

料理編

料理を行なうにあたり、手軽な損なし豆知識を知っているととても便利なことがいくつもあります。

そのひとつが、おばあちゃんの知恵袋のひとつとも言える「調味料のさしすせそ」です。

この「調味料のさしすせそ」は、料理が美味しくなる味付けが出来る為の、調味料の入れる順番を示しています。

「さ」は砂糖・「し」は塩・「す」はお酢・「せ」は醤油・「そ」は味噌のことを指しているのです。

この昔ながらの知恵には、実は科学的な根拠があることも見逃すことが出来ません。

塩は砂糖よりも分子が小さい為、塩を先に入れると塩味が食材に染み込んでしまって、後から砂糖を足しても砂糖の甘みを取り込むことが出来なくなってしまうのです。

こうしたことから砂糖の次に塩という順番が良く、酢は先に加えると風味が飛んでしまったり、味噌や醤油も香りが飛んでしまう為に後から加える方が良いと言われているのです。

関連記事一覧