アラ不思議!料理のときに使える感無量な損なし豆知識

料理編

食品ラップは、料理を保存するときに上にかけるだけの用途にしか使っていない人も多いかもしれません。

実は食品ラップは高いものもあるし、100円均一で見かけることもありますが、主に材料に違いがあり、ポリ塩化ビニリデンとポリエチレンに分けられます。

高いものはパリっとしていて高温に強いので、肉だんごやつくねもゆでるかわりにラップに包んで電子レンジで加熱すれば中の水分が逃げないのでジューシーで感無量なおいしさになり、何より後片付けも便利でラクです。

一方で安いものは若干伸びるという特製があるため、最近人気の具沢山サンドイッチに向いています。

具が10cmあってもぴっちり巻けるので形を落ち着かせるのに最適です。

食べる前にはラップごとカットすると、食べるときに手も汚れませんから損なく使いきれます。

関連記事一覧

関連リンク

  • 改葬

    「お墓の位置は移動できる」ことをご存知でしたか?引っ越しをしてお参りに行くのが大変になったり、宗派が合っていないことが分かったり……そういったトラブルを解決してくれる、改葬の専門家が「お墓の引越しドットコム」です。お墓に関するプロフェッショナルが揃っていますので、どんな悩みでも気軽に相談が可能です!

    ohakanohikkoshi.com/