アラ不思議!料理のときに使える過去の損がでないテクニック

料理編

過去に合った料理のテクニックで、野菜などを調理するときに普通なら捨ててしまう部分を使うことで損を無くすテクニックが有りますが、調理道具も便利になっているので今の方が便利なことも多くなっています。

ニンジンや大根の表面を包丁で薄く削いで捨ててしまいますが、昔から地域によってはその部分を細く切って油で炒めて軽く味付けして食べることもしていました。

今は各種ピーラーが有りますので、簡単に削ぐことが出来簡単に細切りに出来ますので、炒めたり、オリーブオイルとお酢を混ぜて作った調味液つけてピクルスにしても美味しく食べることが出来ます。

過去では料理の素材を損しないために使っていた捨てる部分を、今では損が出ないばかりか美味しい食材として使うテクニックがレシピ本やネットのサイトに掲載されています。

関連記事一覧