アラ不思議!住宅の悩みごとが解決するユニークな損がでないテクニック

住宅編

住宅の中にある狭い隙間や、手の届きにくいところを掃除するのは、中々難しいものです。

手が届かない部分はハンディタイプのモップを使うとホコリがよく取れますが、それを手作りしてしまおうというユニークなテクニックを知っておくと損をしません。

それは、伝線してしまったり毛玉ができてしまったりして使用しなくなったストッキングを使うことです。

古いストッキングは、捨ててしまえば普通のゴミとなってしまいますが、針金ハンガーに縛りつけると、とても使い勝手の良いモップに変身します。

もともと捨てるしかないものを、掃除に使って有効活用できるという一石二鳥のアイデアです。

履かなくなったストッキングやタイツがあれば、是非試してみてください。

関連記事一覧