アラ不思議!住宅の悩みごとが解決する昭和時代の損ナシアイデア

住宅編

昭和時代の住宅の悩みを損なしで解決する方法です。

昔の家のつくりは今の家と見比べると古臭い感じがします。

1番の問題は間取りや畳が原因です。

畳は和室として今でも人気がありますが、すべてが畳の部屋では昭和感満載で古く感じます。

畳をフローリングにリフォームをするとかなりの費用がかかります。

そこで、畳の上にフローリングシートを敷くだけで簡単に明るいお部屋にすることができます。

賃貸の場合もシートを敷くだけなので元に戻すもの簡単です。

間取りは大規模な工事が必要なので、パーティションなどをうまく利用して空間をしきることで今風のお部屋に見せることができます。

パーティションは移動が簡単にできるのでとても便利なアイテムです。

関連記事一覧