アラ不思議!お金に困ったとき使える感動の損ナシアイデア

お金編

お金にこまったときというと手元に現金がない場合が考えられますね。

特に事業を行っている場合などは、決算書上の利益の額と実際に手元に残っているキャッシュフローに差が出るのが、発生主義を採用する日本の会計制度においては宿命となっています。

でも税金の支払いなどはまったなしできますので最悪黒字倒産をすることとなります。

このような事態を避けて、かつ、損をせずに事態を乗り切る方法があります。

それが、税金を支払う財源を金融機関から調達することです。

実は税金を支払うためというのはお金を借りやすい理由となるのです。

なぜなら税金を課せられる程度の利益が出ているということですから。

そして実際に利益が出ている以上、いずれこの利益を原資に返済が可能ですので損が出ません。

この税金を払うためという理由で金融機関とお近づきになり、その後実際の事業への融資も依頼できる道筋をつけるという感動的な手法です。

関連記事一覧

SQLSTATE[HY000]: General error: 1 no such table: Link